カメラ・レンズの修理(主に破壊?)や中国茶、お酒が趣味の栄養士のブログです。ちなみに仕事はサプリメントの開発。出張も割にあるので各地の料理も紹介します。


by dekakoba
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月に京都出張の書き込みをして以来
気が付けば11月。

震災のせいには出来ませんが
何かと慌しい昨今でした。

最近、出張が多くなり
書き込むことはあるので復活させます。

本当にご無沙汰をしました。
ごめんなさい。
[PR]
# by dekakoba | 2011-11-04 15:48 | その他

嵐山にて その二

嵐山で出会った風景です。
b0078021_16415176.jpg

さすがに日本を代表する観光地
和食レストランの玄関先を
和服の女性が箒で掃いている。
ただそれだけなのに優雅に映ります。
b0078021_16422141.jpg

最近の流行りは人力車。
関東では浅草や鎌倉が有名です。
京都では東山でも見掛けますね。
b0078021_16424080.jpg

気になる料金は
ガイド付き約一時間で7千円程のようです。
もちろんおじさん一人では乗りません。
そのお金は飲み代となります。
b0078021_16433217.jpg

土産物屋が軒を連ねる通りに
和洋のスイーツ、扇やちりめん、小物などに混ざって漬物屋が目に付きます。
京都の野菜は独特で漬物に向いているとか。
[PR]
# by dekakoba | 2011-06-15 16:57 | 旅日記

嵐山にて

先月24日に京都帷子ノ辻で仕事でした。
15時半頃終わったので、
京福電車に乗って嵐山へ行って来ました。

前日の大雨の影響で桂川は
濁って水量は多く、流れも急でした。
b0078021_14432449.jpg

平日だからか、震災の影響かは不明ですが
観光客が少ないと感じました。

渡月橋を渡り、岸のベンチで
川風に吹かれて涼をとっているとゆったりとした気持ちになりました。
b0078021_14493839.jpg

スーツ姿の中年サラリーマンが白昼ベンチに一人。
本人の涼やかな気持ちとは裏腹に
不景気な時代だから、リストラされて職にあぶれた様に見えますね。
そんなことを思いながらニヤついているのも怪しいし
おじさん人で来るところではないようです。
b0078021_1446367.jpg

東京の長命寺と同じ桜餅を見掛けました。
帰りに食べようとしたら早々に店じまいでした。
残念。
[PR]
# by dekakoba | 2011-06-15 14:39 | 旅日記

太陽の塔

子供の頃
夏休みを利用していとこ一家は大阪万博へ
我が家は経済的に余裕がなく
父が三交代制の不規則な仕事だったので
いとこの家の留守番をしてました。

慣れない土地で心細く、頼みの遊び相手は大阪。
退屈でテレビばかり見て過ごしました。
繰り返し流れる、「おへそ笑ってはる」という
CMとともに画面に映る太陽の塔。
大きさすら想像出来ない威容に目が釘付けでした。
b0078021_1882027.jpg

月の石や外国への興味もなく、
不思議と万博に行きたいと思いませんでした。

ただあの塔は見てみたいと思っていました。
けれどその想いも何時しか薄れて
社会人となって仕事で大阪に行くようになったけど
見に行こうとは思わなくなってました。

岡本太郎氏の生誕百年も恩師から教えられて気付いた程

偶然にも手にした森見富見彦氏の
同名小説を読んで急に見てみたくなりました。

四〇年越しの想いをようやく果たしました。
思っていた以上に大きく、
それでいてニワトリを思わせる風貌は滑稽で可愛らしい
おへそも笑っているようでした。

土曜日の昼時の公園は多くの家族連れで賑わっていました。
b0078021_18123652.jpg

母親の日傘を持って楽しそうな子供
傘の大きさとの対比が面白く、思わずシャッターを切りました。
[PR]
# by dekakoba | 2011-06-04 23:21 | 旅日記

大阪梅田

徳島県鳴門から
高速バスでJR大阪へ

行きは羽田から飛行機
帰りはバスで神戸や大阪へ出るのが
このところのお気に入りです。

午後4時
まだ日があるうちに鳴門大橋を渡るのは気持ちがいい
春にはうず潮が見られることもあります。
b0078021_18193474.jpg

高速鳴門からなんばを経てJR大阪へ
途中大阪の中心を高速から臨むことも出来ます。
高い位置から見ると正に水の都ですね。
b0078021_18214748.jpg

京都駅に続いて大阪もリニューアル
まるで空港のような大屋根が出来ていました。
振り向けば見慣れた大観覧車
b0078021_18235676.jpg

ふと目を向ければ
心を見透かされたような文字が目に付きました。
「あぁ、ビール飲みたい。」
[PR]
# by dekakoba | 2011-06-03 23:14 | 旅日記

宮城県名取市を訪ねて

長らく更新しませんでした。
ごめんなさい。

最近は出張が多くなり、
書くことも沢山あったのですが、
無精をしていました。

四月の末に一泊二日で
宮城県名取市に行きました。
仙台も含め市内は穏やかな日常が戻っているようでした。
しかし、ボランティア優先のため宿は取れず
そこかしこに爪痕がありました。

仕事先から高速道路を隔てた閖上(ゆりあげ)地区では
自衛隊やボランティアの人達の活躍で片付けが進んでいる反面、
田んぼの畦に漁船が、家の中に何台もの自動車が取り残されていました。
車窓を流れる光景に気付いたら涙が出て来ました。

帰宅するとオーストラリアから手紙が届いていました。
そこには安否と復興を祈る言葉と一羽の折り鶴が添えられていました。
b0078021_16335325.jpg

[PR]
# by dekakoba | 2011-05-13 16:34 | その他

できること2

放射性物質について
無知蒙昧のまま大騒ぎしていること
被災各地での礼儀正しさが世界中で称賛される反面
東京を中心にしたパニックぶりは滑稽ですらあります。

食品の輸出に関しては
放射能検査が要求されるようになりました。
東京以上に諸外国は敏感のようです。

節電などのほかに
風評被害に踊らされないのも
いま私ができること

福島、栃木その他の産地でも出荷止めに遭っている農家の方々
負けないでください。
私はネットを通してでも買い続け、消費し続けます。
美味しく食べて健康でいます。
[PR]
# by dekakoba | 2011-03-31 15:29 | 食の安全

できること

都内では納豆、もやし、牛乳や菓子パンなどが
スーパーやコンビニの棚から消えました。

被災地では秩序を持って必死に耐えている時に
残念でなりません。

原発の危険を訴える人も計画停電には文句を言う。
そんな矛盾も正論となる現実。
放射性物質への根拠のない恐怖心から
普段は絶対にしない、うがい薬を飲むような愚をおかす。

家庭用のソーラーや風力発電への転換論もあるけれど
設置には石油エネルギーを使わななければならない事は語られない。

安全を考え、地盤のしっかりした高台に住む。
自分の安全は自ら確保することの大切さは考える必要がありますが、
海からの恩恵を受けていることや
それらを用意してくれた人達への感謝は忘れてはいけないと
そんなことを徒然考えています。

クライストチャーチに住む友人から
「困ったことがあったら出来る限りのことをするよ」というメールが来ました。
こちらの無事と同じことを返信しました。

こうした善意を受けて、
節電や買い溜めをしないなどの当たり前のことを積極的にします。
[PR]
# by dekakoba | 2011-03-23 17:44 | その他

震災

クライストチャーチに続き
東日本(特に東北)でも大きな地震があり
心を痛めています。

被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。
また、残念ながら亡くなられた方々には哀悼の意を表します。
ご冥福をお祈りします。

明日、名取市の得意先への出張予定でした。
津波が押し寄せる映像を目の当たりにしてショックでした。
昨日ようやく電話で話すことが出来、無事を心から喜びました。

これからが大変ですが勇気を持って頑張っていただきたいと切に願います。
そのために出来ることは何でもさせてもらおうと考えています。
[PR]
# by dekakoba | 2011-03-15 10:33 | その他

鳴門散策

昨夕の散策
徳島と鳴門を結ぶ鳴門線
b0078021_15545528.jpg

高松から徳島行きの特急に乗ると
池谷という無人駅での乗り換えとなります。

遠くにお城が見えるので行ってみました。
阿波九城の一つ“撫養城(むやじょう)”
妙見山(標高64.8m)の山頂に建つ城址です。
博物館として使われていましたが、昨年閉館となっていました。
b0078021_15561271.jpg

撫養城址からの夕焼け(E-PL1、夕焼けモード使用)
b0078021_15565845.jpg

経度緯度表示
珍しいので何の意味もなくパチリ。
b0078021_15574070.jpg

石段は思いの外長く...
桜の名所に相応しく、山頂まで桜並木が続いていました。
b0078021_1558157.jpg

散歩するには肌寒い日でしたが、
興味深い散策でした。
[PR]
# by dekakoba | 2011-02-16 12:53 | 旅日記